2018年3月5日月曜日

のこのこ出かける甲斐

普段あまり行かないサークルのパーティに行ってみた。

けっこうな人数が来ていた。

いつもよく見る顔ぶれなのだが、

踊ってみたい人がいたので、
おもいっきってトライアルをお願いしてみた。


「ワルツは決まってしまったのでスローならば」ということだった。

もちろんOk。願ってもないことだった。

踊ってみてびっくり、かなり上手な人で、こちらが上手くなったような錯覚にさせてくれた。

下半身がしっかりついてきて、一歩もステップを間違わずについてきてくれる。

だから、おもいっきり踊ることができた。やった、という感じ。

こういうことがあるから、また、パーティにのこのこ出かけて行くのだ。

関連参照:
プロ/スロー・フォックストロット・Figure付き動画
スロー・フォックストロット 中級 ステップ
世界チャンピオンのダンスを見よう    

基本的なこと
社交ダンスの基礎知識

2018年2月19日月曜日

はっきり決めて踊る

パーティに行ってきました。

別の日に行く予定が行けないので、空いている日に出かけたという感じでした。

会場は、数えたら空いていて、15組ちょっとぐらい、40人いるかどうかの混み具合でした。

そこに、いつも上手だな、思っているFさんがいた。

もちろん踊ったのだが、
どこかに「いいところ見せよう」としている心が働いているからいけない。

おかしな踊りになってしまったのだ。

「これだけは確認しよう」
「易しいステップでもきれいに踊る」

とか、はっきり決めて踊れば、うわついた踊りになったりしないはずだ。

後味も悪い、ということもないはずだ。

これからは、「きょうはこう踊る」とはっきり決めて踊るようにする。

まだまだ、ふらついている自分のこころを見るようである。


関連参照:
プロ/スロー・フォックストロット・Figure付き動画
スロー・フォックストロット 中級 ステップ
世界チャンピオンのダンスを見よう    

基本的なこと
社交ダンスの基礎知識